中国の医師が動物テスト前のコロナウイルスワクチンを自らに注射。『できる限りのことをする』

記事によると、

中国のChen Weiという54歳の女性医師であり、中国の人民解放軍(PLA)の大将でもある彼女は、動物でテストしていないワクチンを6人のチームメンバーと一緒に注射してその様子を写真にとってWeiboの人民解放軍のアカウントにアップされました。

Chen Wei氏は2002年のSARSや2014年のエボラ出血熱の流行時にワクチン開発などに多大なる貢献をしたことで有名な医師です。(世界初のエボラに対する遺伝子ベースのワクチン開発)

彼女は国営テレビ局でこう語っていました。
『我々はワクチン開発のためにできる限りのことをしている。ワクチン開発を臨床実験と応用にもちこみ、この戦いに勝つための強力なサポートを行わなければならない。


他にも、『1か月で実用化する』などとも述べているが、国内外の専門家からは非現実的と否定的な意見が出ている。

WEIBOに上げられたその注射写真はすぐに削除されましたが、すぐにツイッターなどにアップされました。





 (ソース元VICE/LADBIBLE

コメントを投稿

0 コメント