Googleマップが見る国によって地名や国境の名前が変わることが判明

2020.02.20 21:00
author satomi

海外で地図を見て、「あれ? いつも見てるのと違う…」と思ったことない?
あれは気のせいでもなんでもなくて、Googleマップ側で表記をコロッコロと変えてるんです! 閲覧する国の力関係によって!
その日和見っぷりがよくわかる例として日本海、カシミール、クリミア半島、西サハラ、ペルシャ湾、 アルナーチャル・プラデーシュ州の地図をWashington Postが紹介しているので、動画から拾ってスライダーで比較できる画像にしてみました。



続きコチラで読めます↓
https://www.gizmodo.jp/2020/02/google-maps-international-juxtapose.html




この記事の反応

或る意味「齟齬」こそが一番重要な情報担ってるよな。


北方4島には紗那村など和名が割り振られているけど
南サハリンはロシア名の市町村が割り振られているな



南サハリンについて誰かクレーム付ける奴いないのか


朝鮮半島の国土も多国で見ると、過剰に大きくててー
隣の日本国土が過剰に小さくなってるのだ



アプリ捨ててから使ってねーや
あの拡大すると真っ白で道すら見えないのは
正直いらねー




引用元http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1582204738/l50

コメントを投稿

0 コメント