猫も危ない?死んでしまう可能性もある『猫コロナウイルス』とは


人間には移らない、猫同士でのみ感染。
現在新型コロナウイルスが人間社会で流行しています。

実は人間のみならず猫にも『猫コロナウイルス』というのが存在しているようです。

猫コロナウイルスは「猫腸コロナウイルス」と「猫伝染性腹膜炎ウイルス」という2タイプに分けられます。この2つは検査で区別することが難しいものですが、表れる症状は異なります。   まず、猫腸コロナウイルスは感染猫の糞便中や唾液中に含まれ、毛づくろいなどによって感染(接触感染)しますが、健康な猫は感染しても無症状であることがほとんど。中には軽い腸炎を起こす子もいますが、数ヶ月で完治してしまうことが多いと言われています。   しかし、猫腸コロナウイルスが猫の体内で突然変異し、猫伝染性腹膜炎ウイルスとなると「猫伝染性腹膜炎(FIP)」という病気が発症。こちらは猫腸コロナウイルスとは違い、命を落としてしまう危険性が高い病気です。   この病気が発症しやすいのは子猫、老猫、ストレスが大きい環境下で暮らす猫だと言われており、雑種よりも純血種のほうがかかりやすいという調査結果もあります。今のところ、免疫力の低下が発症に関係しているのではないかという説が有力なよう。   残念ながら、突然変異する原因はまだ解明されておらず、日本に限らず海外でも有効なワクチンがないため予防も難しい病気です。  
 ===== 後略 =====
全文は下記URLで
女子SPA


この記事の反応
信用できないぞ。
コロナも「人から人に感染しない」って言ってたからな。



ペットショプで買うともれなく付いてくる可能性が高いのか。ほんで病院代と葬式代がかかんのか。

犬ッコロウイルスはないの?


(反応の引用元2ch

コメントを投稿

0 コメント